お問い合わせ
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング
増加するアフリカアグリテック市場への投資:加速するスタートアップへの期待と課題(シリーズ:アフリカの農業とイノベーション 其の4)【Pick-Up! アフリカ Vol.50:2022年7月8日配信】

題:増加するアフリカアグリテック市場への投資:加速するスタートアップへの期待と課題(シリーズ:アフリカの農業とイノベーション 其の4)

訳 : 2021年アフリカのアグリテックスタートアップはどうなった?

英題:‘HOW AFRICAN AGRI-TECH STARTUPS FARED IN 2021

記事リンク:https://venturesafrica.com/how-african-agri-tech-startups-fared-in-2021/  

キーワード:アグリテック スタートアップ 資金調達 アフリカ

こんばんは!pick-up!アフリカです。いつも記事をご覧いただき、ありがとうございます。

過去3週に渡ってお送りしているアフリカの農業とイノベーション」シリーズ、今回はシリーズ第4回目です。

シリーズ3回目となった前回の記事では、アフリカアグリテック市場の現在のトレンドをひも解き、アフリカ農業の未来をのぞき見ました。(まだ読まれていない方はこちら)

今回も前回に引き続き、アフリカのアグリテック市場におけるキーファクターであるスタートアップ企業に注目し、同市場への投資額アグリテックスタートアップ企業の資金調達という視点から、気になるニュースをお届けします。

内容と背景:

増加するアグリテックスタートアップ企業への投資

引用元の記事によると、2021年のアフリカにおけるアグリテック市場のスタートアップ企業が獲得した年間資金調達総額は約9.5億ドルを達成したようです。この数字は2020年の約6億ドルから58.5%上昇しており、さらに2015年の数値からは2100%の増加であると報じられています。

また2021年に資金調達を行ったスタートアップ企業は22に及んでおり、この数は2020年の16、2019年の17よりも増加しています。

アフリカ諸国の中で特にアグリテック分野において強い影響力を持つ国が、ケニアとナイジェリアの2か国です。ケニアはアフリカのアグリテック市場におけるパイオニア的な役割を担っており、引用元の記事によると、2020年に資金調達を行ったアグリテックスタートアップ企業の4分の1、総資金調達額の70%以上がケニアの企業であったと述べられています。ケニアのTwiga Foods社は2021年に最も多くの資金調達を行った企業であり、アグリテック分野の全資金調達額の半分以上を占めています。

ケニアとナイジェリアの企業による資金調達総額は、アフリカのアグリテック分野における資金調達額全体の96.8%を占めています。記事によると、例年この分野の資金調達の割合はすでに経営が安定しつつある大規模な資金調達が可能な企業1,2社が専有することが多く、2021年も先ほどご紹介したケニアのTwiga Foods社、ナイジェリアのAgricorp社がそれぞれ5000万ドル、1750万ドルの資金調達を行っており、この分野における投資総額の71%を占めています。

しかし近年は投資先であるスタートアップ企業の増加していることから資金調達における占有率も変化しつつあり、上位2社による投資額に対する占有率も2019年は88.4%、2020年は76.5%と年々減少しています。

例えばこちらの記事では、ザンビアのスタートアップ企業がリリースした新たなデジタル農業プラットフォームサービスについて紹介されています。このサービスをリリースしているHRVSTは、地域の農産物を消費者や地元のレストランと直接繋ぐことで中間業者にかかるマージンを撤廃し、極めてローカルな食のサプライチェーンを構築することで、アフリカの食糧の品質と多様性を高めることを目的とした事業を行っています。

Seedling growing step in garden with dollar icon and chart on sunny background.

Continue reading 増加するアフリカアグリテック市場への投資:加速するスタートアップへの期待と課題(シリーズ:アフリカの農業とイノベーション 其の4)【Pick-Up! アフリカ Vol.50:2022年7月8日配信】 at Pick-Up! アフリカ.