お問い合わせ
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング
レックスバート・コミュニケーションズ株式会社は、この度第4回目のルワンダ訪問を行うことになりました。例年同様、ルワンダのビジネス関係者らとの面談、意見交換などを通し、ルワンダでのビジネスの機会を模索し、実際のビジネスに繋げることを目的としております。 しかし、例年とは違い、今回はより大掛かりなものになっております。神戸市、ルワンダICT商工会議所、JICA関西、国際連合工業開発機関(UNIDO)、神戸情報大学院大学が共催し、アフリカ開発銀行アジア代表事務所が後援して実施いたします。そしてアフリカビジネスミッションとして、ルワンダだけではなく、タンザニアへの訪問も予定しています。 〔申し込み〕 こちらの申込みフォームの全ての項目に回答し、以下のアドレスにお送りください。 募集要項:ダウンロード 申込フォーム:ダウンロード 送信先:invest@office.city.kobe.lg.jp 〔目的〕 アフリカでのビジネス、特にルワンダとタンザニアでのビジネスに興味を持っている方々を対象に今回の視察を企画しております。現地のビジネス関係者との交流する時間を作ることで、実際のビジネスに繋げていただけるよう準備しております。また、参加予定の皆様からの声を聞くことで、よりカスタマイズされた視察をアレンジします。どのような現地企業との商談、会談を希望するのか、またはアフリカへの進出の際に感じる疑問などにもお答えできるよう、現地関係者らとも調整します。 〔旅費〕 【航空券】 (ルワンダのみ):往復15〜20万円(エコノミー) (ルワンダ+タンザニア):20〜25万円(エコノミー) ※ 航空券は各自購入。ご希望があれば旅行代理店をご紹介します。また上記の金額はご利用いただくフライトにより異なる場合もあります。 【宿泊費】 一泊8千円〜1万円を想定 ※ ホテルは現地事情なども考慮しご提案させていただきますが、特定のホテルでの宿泊などご希望がある場合はお問い合わせください。 【査証(ビザ)申請費】 原則、事前に主催者側で旅行代理店を通し申請を行います。事情により事前申請が不可能な場合はお問い合わせください。 (ルワンダ)6200円(大使館への事前申請の場合)、 ※ オンライン申請、オンアライバルでの取得の場合は30ドル (タンザニア)6000円(大使館への事前申請の場合) ※ オンライン申請、オンアライバルでの取得の場合は30ドル 【滞在費】 食費、雑費などはそれぞれ個人負担 【予防接種】 黄熱病などの予防接種の取得を義務付けておりませんので、各自任意にてご判断下さい。 【保険代金】 任意 〔ツアー内容〕 (ルワンダ)
    – セミナーの開催 – 展示会の開催 – 現地関係省庁・機関との意見交換会(現地日本大使館やルワンダ開発局(RDB)、ICT商工会議所等) – 現地企業との商談・交流・視察(参加者の希望する分野の関係者・企業を招く) – 若手起業家らとの交流 – 市内・地方視察(希望者)
(タンザニア)
    – 現地企業・進出日系企業の訪問・意見交換(参加者の希望する分野の関係者・企業を招く) – 現地専門家や企業関係者などによるレクチャー – 商業施設やインキュベーション施設等の視察
〔主要な日程〕 現地集合・現地解散も可能です。 11月8日(木)日本発 【成田空港】22時20分、【羽田空港】23時50分 11月9日(金)夕方キガリ着 11月12日(月)現地関係省庁・機関との意見交換会および、セミナー 11月13日(火)現地関係省庁・機関との意見交換会および、展示会 11月14日(水)
    (ルワンダ組)個別現地企業訪問 (タンザニア組)タンザニアへの移動(神戸市が同行)
11月15日(木)
    (ルワンダ組)個別現地企業訪問、(午後)キガリ発 (タンザニア組)関係機関訪問・視察
11月16日(金)
    (ルワンダ組)日本着(夜) (タンザニア組)関係機関訪問・視察
11月17日(土) (タンザニア組)夕方)ダルエスサラーム発 11月18日(日) (タンザニア組)日本着 〔出発までの流れ〕 9月30日(日)、応募締切り 10月上旬、東京・神戸にて参加者向けの説明会開催 (参加は必須ではない。日程未定のため参加者に告知します。) 10月中旬、ビザ申請 11月8日(木)キガリに向け出発 〔お問い合わせがある場合〕 出発までどのような細かい質問にもお応えさせていただきます。こちらまでお問い合わせください。 (神戸市、そして弊社レックスバート・コミュニケーションズ株式会社の担当者がご対応させていただきます。) invest@office.city.kobe.lg.jp