お問い合わせ
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング
アフリカ・ルワンダ オフショア開発 / 進出支援コンサルティング

1. 概要

Africa Future Summit(リンク:2019年11月15日開催)に合わせ、ルワンダ訪問を企画します。Africa Future Fund Forbes 8が企画するアフリカ10カ国を10月から12月まで周遊するイベントのルワンダ開催。Tech ecosystemの周りを題材とし、アフリカに関わる投資家、起業家、政治家、企業関係者、そしてスタートアップ関係者など5000名以上の参加者を誇るイベントです。

イベントへの参加でtech ecosystemの現状や取り組み、アフリカ内外の企業関係者との交流が見込め流イベントです。

ツアー中は、例年に負けず、参加者の希望を取り入れたスケジューリングを行っていきます。よりビジネスに集中したツアーにも、あるいは、アフリカとは?ルワンダとは?という疑問に文化・歴史面、一般の生活などから迫るツアーにもすることができます。ツアー中の訪問先の相談も受け付けます!

また、現地集合、現地解散のため、ルワンダ入りを早めたい、もっと長く滞在したい!などの希望も受け付けます。

2. 参加して欲しい方々

  • これまでに引き続き、ルワンダを拠点としてアフリカでのビジネスに興味を持つ企業
  • これまでのツアーに参加し、さらに一歩踏み込んだ交流を望む企業関係者
  • 最低参加者4名の参加から実施いたします。

3. 主な活動内容

  • Africa Future Summitへの参加
  • 地元企業への訪問と会談(全体での行動ではなくよりそれぞれの希望を叶える形で準備)
  • ルワンダの一般情報の勉強(記念館への訪問や市場への訪問。ルワンダをより親身に感じてもらうため)

4. 主なスケジュール

曜日活動内容備考
11月13日成田(22時20分発)or現地集合、現地解散を考えておりますので、参加者それぞれの希望に合わせ現地入出日程を変更できます。
11月14日羽田空港から出発(0時01分発)
キガリ空港着(15時30分頃)、ホテルへのチェックイン、全体の活動内容の共有
11月15日Africa Future Summitへの参加
11月16日自由行動
《オプション:キミロンコ市場、ジェノサイドメモリアル見学、Women’s Center見学、スラムツアー》
希望制
11月17日自由行動
《オプション:アカゲラ国立公園(*1)》
希望制

*1) アカゲラ国立公園の費用は(入場料+ランドクルーザー貸切+ドライバー費用)費用全て合わせ、200ドルと計算しております。
11月18日企業訪問訪問したい企業などの希望を受け付けます
11月19日午前:自由行
午後:キガリ発
11月20日日本着成田空港:17時50分羽田空港:22時40分

5. 申し込み方法

ルワンダ訪問ツアー参加申し込みはこちら(リンク)よりお申し込みください。

尚、事前説明会は10月23日(水)に16時から1時間半程度で開催します。まだ決めきれない方もご参加いただけます。
開催場所に関しましては、10月21日(月)にメールにてお知らせさせていただきます。
参加申し込みはこちらから。事前説明会参加申し込み

6. 出発までのスケジュール

曜日内容備考
10月20日参加応募締め切り現地訪問時の希望アンケート集計しかしこれ以降もギリギリまで応募を受け付けますが、全ての準備が遅れることをご了承ください。募集期間以降の応募に関しては要相談でお願いいたします。
10月23日説明会開催(参加申し込み会場未定(10月21日にメールにてお知らせします。)
10月27日航空券の手配この日程までに個人で航空券をご予約ください。
11月1日ビザ申請書類準備&ビザ申請事前に大使館へのビザ申請を希望の方はレックスバートまで申請書類と申請料金をお送りください。
11月7日発送ビザを取得後各個人に個別にお送りいたします。
11月13日or11月14日
出発羽田空港から出発の方は22時カタール航空チェックインカウンターで集合します。

7. 費用

こちらの費用は個人負担になります。

  • 航空券(10万〜15万円。カタール航空を想定)
  • ビザ申請費用
    • オンライン申請・現地取得の場合:30ドル(シングルエントリービザ)
    • 大使館で事前取得の場合:6200円[3ヶ月マルチビザ]
  • 宿泊費(1泊80〜110ドルを想定)
  • 現地活動費:参加者で按分します。
    目安として1日、3万円/人と想定しております。以下が主な内容です。
    • 交通手段の確保
    • 通訳&アテンド:現地で話される、ルワンダ語、英語、フランス語に対応
    • 移動手段
    • 個別訪問・ミーティングのアレンジ
  • その他費用
    • 食事費用(食事毎に個人で負担)
    • 通信機器(ポケットwi-fi、携帯電話、SIMカード[それぞれ希望者に対して])
    • Africa Future Summit入場料(希望によって費用が発生する可能性もある)
      *登録してセッションなどに参加したい場合はVIP待遇となるため、費用が発生するが、特に気にせず入場したい場合は費用が発生しない。

8. 現地での手配など

  • ホテル:【候補】シェランドホテル、オノモホテル
  • 移動手段:
    • マイクロバス(全体で移動する際)
    • ランドクルーザー(国立公園訪問時)
    • ハイヤー(個別企業訪問時)
  • 現地での手配
    • 交通手段の確保
    • 通訳&アテンド:現地で話される、ルワンダ語、英語、フランス語に対応
    • 移動手段
    • 通信機器(ポケットwi-fi、携帯電話、SIMカード)
    • Africa Future Summit入場料(希望によって費用が発生する可能性もある)

9. お問い合わせ先

jrbc@rexvirt.com 宛てに『第6回ルワンダ訪問ツアー参加に関して』という件名でメールをお送りください。